革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシック治療後のスポーツは?

近視や遠視などの矯正に効果的といわれているレーシック手術は、プロのスポーツ選手も受けており信頼度が高い手術の一つです。
しかし、目という部位はデリケートであり、見え方が変わるというのは大きな問題です。
本当に術後にスポーツや運動をしても影響を及ぼさないものなのでしょうか。

施術後1か月くらいは激しい運動をしないように医師からも説明がされると思いますが、基本的にはレーシック後の運動は可能といわれています。
今まで非常に視力が悪かったばかりに良い成績を残せなかった方については、レーシックで視力向上を図る事によって結果がより良いものになっていくかもしれません。

例外として、格闘技や柔道、レスリングなど目に負荷がかかるスポーツは推奨されていません。
また、そういったスポーツを日常的に行っている方にはレーシック手術はおすすめできないとされています。
レーシック治療のメリットは、何といってもスポーツが以前よりも楽しくなることではないかと思います。
メガネをかけていたり、コンタクトレンズを付けている場合プレーに支障がでるスポーツも多くあります。
特にマリンスポーツなどは、水に入るとずれたりぼやけたりして視界がさらに見えにくくなってしまいますから、裸眼でクリアに見えることほど嬉しいことはありません。

このようにメリットも大きいレーシック治療ですが、基本的にはプロのスポーツ選手をはじめ、目に負荷がかかるような運動をされている方にはお勧めしていないようです。
術後の後遺症や見え方へのリスクなども鑑みると、よほど視力が悪くプレーに支障が出ている方以外は勧められることはないそうです。
ではレーシック後のプールはどうなのでしょうか? 気になる方はこちらをご覧ください。
激しい運動やスピードのある競技を行う方については、目はとても大切なものです。
大切だからこそ、レーシック手術を受ける際には慎重にならなければなりません。
医師とよく話し合って納得してから治療を受け、クリアな視界を手に入れてスポーツに臨まれることをおすすめします。

また、食品やサプリメントで視力回復法もあるそうです。 イソフラボンhttp://xn--eck7bvd2a5dzct376ahm6d.com/donnna.htmlはアントシアニンがの含有量が多く視力回復効果につながるそうです。