革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシックの再手術について

視力回復に受けたレーシック治療、もしも効果が感じられなかったり、あとから視力が落ち始めて元に戻る「近視戻り」になったり、最悪「合併症」が起きてしまったら…。

自分一人ではどうすることもできないこれらのトラブル、一体どうすれば良いのでしょうか。

医師の判断にもよりますが、視力に改善がみられない場合については、患者さんが望めば再手術ができます。
ただし、角膜が薄い方については再手術ができないと断られてしまう可能性もあります。ある程度角膜が厚い方については最大でも3回くらいはできるそうですが、通常は2,3回も再手術をすれば近視戻りも少なくなるのだそうです。

再手術を受ける時、必ず問題となるのが費用です。
これはクリニックによっても違いますし、あらかじめ定められた保障期間がありますから、しっかり確認して保障期間中に再手術を受けるようにしたいものです。高額な料金を払っている以上は納得できるまで矯正したいと思うのが普通ですよね。

また、最初のレーシック手術よりも二度目、三度目と繰り返すうちに感染症にかかる確率も段々と上がっていくそうです。
これは医師からも説明があるそうですが、目はとてもデリケートな場所であり、たとえ最初であっても感染症にかからないという保証はありません。
割合としては5000人に1人くらいだそうですが、万が一クリニックで器具の扱いなどがぞんざいであった場合にはさらに確率は上がるでしょう。
感染症を起こした場合は角膜炎となるのですが、角膜炎は最悪の場合失明のおそれもあるということですので、滅菌処理などを徹底しているクリニックを選び、できるだけ再手術は避けるようにしたいものです。

レーシックはあくまで気軽にできる治療とうたっていますが、角膜という通常であればまず触ることのない場所を手術するわけですから、あらゆるリスクを考えなければなりません。
再手術をする際には料金もそうですが、まずは目にかかるリスクをよく考える必要があるといえるでしょう。