革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシック治療ができる病院とは

これからはじめてレーシック手術を受けようと考えている方は、まずどの病院を選べばいいか、具体的にどのクリニックを検討すれば良いのかわからないかもしれません。

レーシックが受けられる病院には、「眼科」「医科大学付属病院」「美容外科系眼科」などがあります。眼科や医科大学付属病院というのは、眼科に特化した専門系ですが、後者の美容外科系は整形などを行う美容外科から派生しているクリニックです。
どの医院が良い、悪いということはなく、これらのクリニックはそれぞれ異なるメリットや特徴を持っていますので、最初に確認するようにしましょう。

眼科や付属病院などは、目のトラブルを多く扱っているため安心して施術が受けられるというメリットがあります。
後遺症や術後のさまざまなトラブルも、そのつど先生に相談したり、アフターケアやサポートを受けられます。

もちろん、医療器具ひとつとっても感染症が起こることのないよう細心の注意を払って扱われていますから、衛生面に関しても安心感があります。

それに対して美容系の眼科は、美容整形にも多くみられる「キャンペーン」「割引」「無料モニター」が充実しています。また、術後のサポート用窓口が設けられているクリニックもあります。
ですので、安く済ませたい、お金をかけてあとで後悔したくないという方はまずこちらの美容系眼科を利用されると良いでしょう。
もともと自由診療のため保険が利かないレーシック手術ですから、少しでも安い割引を利用するほうが後腐れなく治療に臨めるのではないかと思います。

とはいえ、レーシック治療自体にはそれなりにリスクがあります。
感染症や見え方の変化、光の感じ方などどこにトラブルが待っているかわかりません。
専門系の眼科を利用した方が納得できて安心か、それとも徹底して安いところに決めるか…。
迷うところですが、こればかりは人それぞれですので、費用や視力矯正への期待や不安などを総合的に考え、クリニックを選んでみてください。