革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシックの合併症について

レーシックの合併症は、いくつか知られていますが、レーシックが直接の原因である合併症、 レーシックの技術による合併症、個人差から症状がでてくる合併症などがあります。

手術後によく発生するものとしては、

・ハロー:暗い場所にいる時や夜間、光の周りにモヤがかかったように見える症状。

・グレア(ハローと合わせて「ハロー・グレア」と呼ばれることもある):明るい場所がまぶしく見えてしまう症状。

・ドライアイ:角膜表面が乾きやすくなる。(目薬の点眼で改善できる)

・スターバースト:明るい場所で光が星のような形に見える症状

・不正乱視:フラップが正しく作られず、角膜の表面が凹凸状になることで起こる乱視。

・再近視化:元々近視だった場合、術後にまた近視に戻ってしまうケース。長時間のデスクワークや目への衝撃など患者側が問題である場合と、医師の技術不足によるものがある。

・コントラスト低下:色の明暗を識別するのが難しくなる症状。

などがあげられます。
一番多く確認されているものはハロー・グレアの二つですが、あくまで一時的なもので、一生ハロー・グレアに悩まされるようなケースはきわめて少ないそうですので、不安な場合は治療前に医師に確認などを取ると良いでしょう。

また、フラップの形成ミスによって不正乱視が起こることは上記で記述しましたが、角膜表面の上皮細胞がフラップの下に入り込むことによって起こる「イングロース」とよばれる合併症もあります。
イングロースが起きた場合、症状の程度によっては再度フラップをめくって上皮細胞を除去しなければならないので、ハロー・グレアよりも発生率は低いのですが、逆にそれだけ深刻な症状であるともいえます。

これらの合併症は考えるだけでも恐ろしくなりそうなものですが、イングロースなど再手術を必要とする症例を除いては一時的なものであることが多いですし、人によっては少し明るく見えるだけで終わる場合もあり、まさに「人それぞれ」といえます。