革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシック治療は痛い?

安全性が高く、視力改善に効果的と言われているレーシック手術。目というデリケートな部分への手術ですから、どんな治療がなされるのか不安に思う方もいるのではないかと思います。

実際、レーシック手術に痛みがあるのかという問題については、人によっても感じ方が違うので「痛い」と言うことはできません。

しかし、15分から20分という短い時間で施術は終わってしまいますので、「あっという間」という表現をされる方がとても多いです。

手術に際しては視界に光や機械などが映るのみで、あとは目を開いたまままぶたを固定されるところだけが気になる程度だそうです。フラップを作るために目の表面を削るのですが、その間も痛みなどは感じないようです。
手術前の点眼麻酔さえ指示通りにしっかりさしておけば、痛みを感じる心配はないということでした。

レーシック手術は15分から20分で終了する簡単なもので、痛みもまったくといっていいほどありません。
しかし、麻酔がきれてくる術後についてはある程度のしびれや異物感などは覚悟しておかなければならないそうです。目薬を処方されますが、点眼するときにしみたり、あるいは目にゴロゴロと何らかの異物が入っているような感覚などがあるそうですから、こればかりは時が過ぎていって慣れるのを待つしかないようにも思えます。

さらに、目そのものに異物感などがなくなった後でも後遺症のような症状が出て痛みを感じることがあるということです。
たとえば光を感じ過ぎてまぶしさが度を越したように見え、それによって目に痛みが走るなどの症状です。
普段からデリケートな眼球も術後はさらに過敏になっていますから、こまめな点眼とケアが欠かせません。
痛みを長引かせないためにも、治療後ちょっと楽になってきたからといって激しいスポーツをはじめたり、極端に乾燥する、もしくは目に異物が入り込むような環境に身を置くような行為は念のため避けた方が無難でしょう。
ほかにもレーシックの気になる疑問は、たくさんあると思います。当サイトのほかにも、わかりやすい解説をしているサイトはありますので、是非そちらもご覧ください。