革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシック治療の種類について

現在、視力を回復させる施術には代表的な「レーシック」をはじめ、数種類が存在しています。
今後も使用機材の精度向上や施術方法の変更などによっていろいろな施術が生まれると予想されますが、代表的なレーシック治療には

・レーシック

・Zレーシック

・イントラレーシック

・アイレーシック

・エピレーシック

などがあります。
もっとも有名なレーシックについては、角膜にイントラレーザーを照射し、フラップと呼ばれるフタ部分をつくり、そこをめくってエキシマレーザーを照射することによって光の屈折を矯正し、視力を向上させるというものです。

レーシック手術にあたってはイントラレーザー、エキシマレーザーの二種類を用いて治療を行いますが、それぞれのレーザーの種類によって名称が異なります。
照射範囲が重なるか重ならないかによっても角膜への負担は変化しますし、治療にかかる費用も異なるというわけです。

クリニックによっては「レーシック治療が安くできます」とうたっている所もありますが、ただレーシックとだけ言われても上記のように細かな名称が設定されていなければ信用するには十分ではありません。
「アイレーシックが安くできます」のように、具体的な治療方法や使用レーザーについてもよく確認するようにしたいものです。

ちなみに、フラップを角膜上に作成するにあたって発生することがある「イングロース」と呼ばれる術後合併症は、マイクロケラトームやイントラレース以外の「フェムトセカンドレーザー」を使用する場合発生率が上がるとのことで、必ずレーシック治療を受ける際にはそのクリニックがどんなレーザーを使用し、何の種類のレーシック治療を行っているのかを確認する必要があります。
上手なクリニックの選び方はhttp://www.cpu-collector.com/を参考にしてください。

また、フラップを作るだけの角膜の厚みがない方のための「LASEK」、角膜内にレンズを挿入する「フェイキックIOL」、角膜の上皮を取り除いてレーザーを照射し、矯正を行う「PRK」など多彩な施術方法もあります。

どれが自分に合うか、医師とよく相談のうえで施術を受けていただきたいと思います。