革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

外国のレーシック事情

日本でも広く知られるようになった視力回復手術「レーシック」ですが、海外ではとても認知度の高い施術です。
レーシックの本場・アメリカでは年間100万人ほどが施術を受けているそうで、知名度はもとより誰もが気軽に施術を受けていることがうかがい知れます。

アメリカの場合日本よりも治療が安価にできるということで、1000ドルくらいあれば満足に治療が受けられるとのことです。
とはいえ日本でも10万円を切る安価な施術は登場していますから、海外の方が圧倒的に安いというわけでもないようです。

レーシックはアメリカをはじめ欧米でさかんになったものであり、既に治療法は確立され、数多くレーシック治療を行った腕のある医師が多数揃っています。そのため、日本ではなくあえて海外でレーシック治療を受ける方もいるようです。
実際、NASAが唯一許可している手術「アイレーシック」は患者さんそれぞれの目の状態にあわせてレーザー照射を行う方法ですが、これもアメリカが発祥となっています。

海外のレーシック治療は、日本に比べて慣れた医師が揃っているせいもあってか説明がとても丁寧なのだそうです。
日本国内では十分に説明が受けられずなし崩し的に治療を受けてしまうケースも報告されていますが、海外であれば「貴方は治療に向いている、向いていない」ところまで細かく説明してくれるので、そういった意味での安心感は何者にも代えがたいと思います。

既にアメリカでは近眼の10人に1人がレーシック治療によって視力を回復しているということですが、近年はアジア地域でもレーシックの知名度が向上したことによって治療件数が増えてきています。

こちらのサイトでもレーシックに関する誤解についての詳しい解説を掲載していました。ご覧になってみてください。

日本以外では、整形大国と言われる韓国、そして新興大国中国においてもレーシック治療を受ける方が増えてきているようです。
国によってそれぞれ事情や流行は異なりますが、安全性が高く視力回復がある程度望めるレーシック治療はこれからもさらに普及していくものと思われます。