革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシックが受けられない人とは

レーシック手術は安全性が高く、誰でも気軽に受けられる手術です。しかし、場合によっては施術が受けられないことがありますので、自分が当てはまるかどうかあらかじめチェックしておきましょう。

・18歳(17歳)未満の方
目の成長や身体の発育を終えていない方は施術が受けられないことがあります。
子供の頃から近眼なので見えるようになりたい、という方もいるかもしれませんが、18歳を過ぎるまでは医師の指示に従うようにしましょう。
クリニックによっては18歳ではなく17歳未満とされることもあります。

・妊娠中、出産直後、授乳中の方
妊娠中から授乳期間の間は母体が安定していないので、レーシック手術を受けることはできないとされています。
大体産後1年くらい経ってから施術可能としている医院が多いようです。

・特定疾患をお持ちの方
糖尿病や膠原病など、特定の疾患をお持ちの方はレーシックを受けられません。
クリニックでは個別に問診票が出されますから、糖尿病や膠原病以外でも身体のどこかに疾患を持っている方は事前に医師に申告をし、判断を仰ぐようにしましょう。

・目に何らかの疾患を持っている方
白内障や緑内障、酷い近視や乱視の場合には、場合によっては受けられない可能性があります。
クリニックによっても施術可能か不可能かは異なりますので、よく確認するようにしたいものです。

・角膜が薄い方
レーシック手術の前にはかならず事前検査があります。そこで角膜の厚さを調べるのですが、厚さの程度によっては医師から「手術は受けない方が良い」と言われる場合があります。この場合は無理に施術を受けようとせず、従っておくことをおすすめします。

・老眼の方
レーシック治療は老眼のための治療ではなく、角膜への光の屈折を変化させ視力を改善するものです。
老眼自体はレンズやリングを入れるなどの別の治療方法がありますから、クリニックではそちらの治療について相談されると良いでしょう。