革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシックは乱視に効果的か

「レーシック治療」と聞くと、口コミで報告されている体験談の数からいっても「近視」に対する治療をイメージされる方が多いと思います。
ですが、現在はレーザーの性能が向上したことによって近視以外にも乱視、老眼なども治すことができるようになりました。

乱視の場合は屈折の度合いによって治療が受けられない場合もありますが、基本的には近視と同様に矯正ができるということです。
ただし、あまりにも強度の乱視については治療しても改善が見込めない場合がありますので、あらかじめクリニックで検査をしたうえで医師による判断が必要です。

乱視を治すにあたっては、眼科選びが重要なポイントとなります。
大抵のクリニックは近視の矯正ばかりがメインになっており、乱視についてはあまり執刀経験のない医師が多いので、出来るだけ症例数のあるクリニックを選んだほうがよいと思います。
実績と経験は患者がどうこう言う問題ではないかもしれませんが、自分自身の一生に関わるレベルの手術を受ける以上は、医師の技術力についてはこだわっておきたいところです。

また、乱視に限らず近視・遠視の治療であったとしても、アフターケアや保障期間をしっかりと設けているクリニックを選ばなければなりません。
あまりにも患者さんへの扱いがぞんざいであったり、使用する器具が不潔にされているようなクリニックはトラブルの元ですから避けましょう。
特に乱視の場合は正乱視か不正乱視かによって角膜の削り方が変わるという側面を持っていますので、乱視への知識がある医師のいる、真面目な施術を行ってくれるクリニックを探すのが賢明です。

技術力の進歩によって、一昔前ではできなかった乱視の視力矯正もふつうのクリニックで簡単に受けられるようになりました。
それはとてもありがたいことですし、一定の効果もみられるので信頼性も高いのですが、目は一生ものの器官ですから、よく考えて納得してから施術に臨むようにしたいものですね。

▼視力低下を防止する方法はこちら