革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシックの成功事例と失敗事例

視力矯正に効果的なレーシック手術ですが、今回は成功事例と失敗事例について考えてみたいと思います。

大抵の方は「レーシックには後遺症がある」「光がまぶしくて、夜眠れなくなる」など否定的なイメージを持っているかもしれません。
しかし、視力が良くなった方というのは実際たくさんいて、皆それぞれがいつもと変わらない生活を送られています。
車にも通常通り乗れるようになりますし、字が見えやすくなった、景色がきれいに目に映るようになったという体験談もあります。
http://www.garagecanada.com/には5年前にレーシック手術を受けた方のお話が載っています。

レーシック治療は人によって回復できるレベルが異なるので、「見違えるようにクリアな視界」を手に入れている人は意外に少ないかもしれませんが、少なくともメガネやコンタクトを頻繁にかけ外しする手間は減るのではないかと思います。

逆に失敗談については、すでにインターネット上でも色々な体験談が投稿されているので、すぐに知ることができるのではないかと思います。
もっとも多いものは光がまぶしい、気持ちが悪くなる、頭がクラクラするなどのような見え方の異常です。
なかには、レーシックによって以前のように健康的な生活が送れず、人生そのものが変わってしまったというような口コミもみられます。

そうした症状があまりにも重篤な場合は病院側からも何らかの処置や改善方法の提案をしてもらえますが、レーシック施術後はしばらく後遺症と思われる症状が続くことがあるそうです。
一時的に現れる症状としてはドライアイになる方が多いそうです。
詳しくはこちらhttp://nudeplus.jp/

ですので、施術を受けた人が必ず「一生涯目にトラブルを負い続ける」わけではないということです。

とはいえ、角膜にレーザーを照射する治療ですからリスクは十分に考えられます。
術後どうなるのかは人によっても様々ですし、医師の手腕や使用機材、タイミングの問題などによっても結果は微妙に異なってきます。
ほとんどすべての方が視力回復を見込める治療ではありますが、すべての人が完璧な治療を受けられるわけではないというリスクについても知っておく必要があるのです。


↑こちらには世界各国のレーシック事情が載っています。