革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシックで老眼が治る?

若者を中心に施術件数が増えつづけている視力回復治療「レーシック」。
実際、レーシックを受けているのは若い方から働き盛りの方が多いのですが、すでに老眼になってしまった中高年の方がレーシックを受けると一体どうなるのでしょうか。

これまでは、レーシック治療で老眼を治すことはできないと言われていました。
そもそも老眼の原因は角膜の光の屈折異常ではないため、角膜にレーザーを照射して治すレーシック治療は老眼の矯正には関係がないのです。
しかし、老眼の方にはレーシックではなく専門の老眼治療がありますので、そちらを検討されてみると良いかもしれません。

たとえば、光を分散させて遠くのものを近いところに見えるように設計したレンズ「遠近両用眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)」を目の中に入れる施術や、アキュフォーカス(通称レーシックカメラ)と呼ばれる、片方の目の角膜にリングを挿入して近くのものの見え方を改善するなどの方法があります。
人によっても個人差がありますが、術後に老眼鏡が不要になる方もいるということで、新たな老眼治療として注目されています。

しかしながら、遠近両用眼内レンズもアキュフォーカスもレーシック治療と同様にデメリットは存在します。遠近両用眼内レンズの失敗例としては、レーシック治療と同じく光がまぶしく見えすぎたりする、ものが歪んでみえるなどがありますし、アキュフォーカスの場合は施術を行ったあと光を取り込む量が減ることで見え方が若干暗くなるのだそうです。
老眼鏡をかけたり外したりするのが面倒だ!という方も多いと思いますが、いざ手術を受けてみて「こんな筈じゃなかった」とがっかりしないためにも、あらかじめこうしたデメリットも十分承知したうえで、老眼治療に取り組まれることが必要です。

アキュフォーカスの場合合わないと思ったら目の中に入れたリングをもう一度外すこともできますので、医師とよく話し合いのうえで施術を受けてみてくださいね。 こちらにもレーシック老眼手術についてより詳しく掲載されています。参考にご覧になってください。