革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

レーシックを試してみよう

インターネットやTVが普及した今、目を酷使する日本人にはメガネやコンタクトレンズが欠かせません。
現在視力矯正を必要としている日本人は、日本国内に9000万人もいるとされています。しかし、メガネもコンタクトもいらない視力を手に入れられるとしたらそれは素晴らしいことですよね。

数年前から有名になった「レーシック手術」は、もっとも手軽で確実な視力矯正方法として口コミを中心に広く認知されるようになりました。
そんなレーシックの種類はこちらにかいてあります。

レーシックの正式名称は「レーザー角膜屈折矯正手術」ですが、施術の内容は名前のとおりレーザーを使って目の角膜の光の屈折を矯正するというものです。
レーザーを照射する前に目を覆っている角膜の一部をめくらなければなりませんが、麻酔をしてからの施術ですので痛みはありません。

そもそも、元から目が良い人については光が正常に目の中に入るようになっているためレーシックを受ける必要はありません。しかし、乱視や近視の方というのは目に入る光の屈折が異常を起こし、ピントがあわなくなっているので、それを人間の手によって矯正するというわけです。

大体、裸眼の視力が1.0から2.0まで回復するそうなので、あまりにも目が見えにくい方は試してみる価値があるのではないかと思います。

レーシックは気軽に受けられる手術と書いていますが、実際施術前には適応検査http://www.axflip.com/というものがあり、それに通る必要があります。
まず17歳以下の方、妊娠中や授乳中の方、緑内障、白内障など目に疾患がある方、糖尿病などの方、非常に強い近視や乱視の方は審査には通ることができません。
また、角膜の厚さもみられますから、元々薄い角膜の方もレーシックを受けることはできないのだそうです。

レーシックを受ける前には、医師からある程度の説明があります。
それらをよく聞いて、少しでも疑問に思ったことがあれば質問するなどして、ぜひ前向きな気持ちで視力矯正に臨んでみてはいかがでしょうか。
たとえば、レーシックによる回復率についての解説は、こちらのオススメサイトをご覧ください。