革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

「レーシック難民」とは

誰でも簡単に視力を回復させられるレーシック手術。
メガネやコンタクトがいらなくなるとして口コミや雑誌を中心に人気となりました。
しかし、レーシック手術は確実な成功を保証するものではないようなのです。

「レーシック難民」と呼ばれる人々は、この視力回復手術によって何らかの視覚の異常を訴える人のことを指します。
難民とよばれる所以は、異常を感じたところでそれを元に戻すための有効な手段がない(眼圧を下げる薬の服用などはできるようです)ことから、難民と呼ばれるようになりました。
こちらに レーシック手術の種類や流れと失敗例と失敗してレーシック難民になった方の苦労経験談などがかいてあるサイトがありますので是非一度ご覧になってください。

レーシック手術とは、角膜にレーザーを照射して一部を削り屈折矯正を施すという手術の方法で、近視や遠視、乱視などの一般的な見え方の異常を治す方法です。
日本国内では9000万人近くの肩が視力矯正を必要としているようですが、その中でもレーシック手術を受けている人の割合は段々と増えてきています。
http://www.riponwebdesign.com/にかいてあるのですが、
誰でも受けられるわけではなく、事前適応検査に通過した方が受けられる手術になっています。
この適応検査について詳しくはhttp://www.omgitsfree.com/をご覧ください。

必ずレーシック手術を受けたからといって難民になるわけではなく、こればかりは執刀医との相性の問題や目の状態の問題などが関係しています。
よって、正常に矯正される人が大勢いる反面、いわゆる「失敗」事例となってしまった方もいるというわけです。

レーシック難民に多い症例としては、視界が歪む、揺れる、光が強く見える、夜でも光が見えるようになるなど視力と視界そのものに何らかの異常を感じる場合が圧倒的のようです。
なかには、頭の中がシェイクされているように感じたり、ふらつきやめまいで歩けないなど重篤な方もいるようです。

レーシック手術は気軽に受けられる視力回復の方法ではありますが、やはりリスクはつきものです。
病院側は視力回復を求める患者さんがいる以上は出来るだけ要望に応えようとしますが、医師にもその患者さんが難民になるかどうかは分かりません。目は脳につながる重要な部位ですから、手術を考えている方はあらかじめ様々な症例、リスクをしっかり調べたうえでレーシックに臨んで頂きたいと思います。
レーシック難民になった方で遺言書を残し自ら命を絶つ方も中にはいるようです。そういう風にならないためにもしっかり調べてから手術を受けるようにしましょう。